外食でダイエットはできる!注意するべきポイントは?



どうも、パーソナルトレーナーのかたぎりです。

外食しながらダイエットできるの?

普段は自炊ばかりしてきた私かたぎりですが、7月に目黒にパーソナルトレーニングジムをオープンしてからというもの、忙しさを言い訳に徐々に外食が多くなりました。

それからというもの、疑問に思ったことがあります。

「外食でダイエットって実際できるのか?」

忙しいビジネスパーソンや料理が嫌いな人、諸事情でどうしても外食がいいという人は意外と少なくないのではないでしょうか?

実際にダイエットをする上で外食だけでどれくらいできるのか?
外食でイケてる体は作れるのか?

今回はその疑問に実際に自分の体を使って実験してみた結果を簡単に紹介したいと思います。

ちなみに、先に言ってしまうと…

外食でいい体を作るのはとても厳しい。

という結論に至りました。

ではその詳細をこれからご紹介したいと思います。

そもそも外食は利益を重視している=美味しさで太りやすい

補足画像
そもそも外食はどういうものでしょうか?

自分がお店のオーナーだとしましょう。
基本的に売り上げを伸ばさないといけないので

  • 美味しいもの
  • 安いもの
  • サービスがいいもの

この辺りはほとんどのお店が意識しているはずです。

そうでないと、お客さんは来てくれないですよね?

では何が言いたいのかというと、美味しいものは「素材がいい高級なもの」か「脂質や糖質などの脳が快楽を受けやすいもの」です。

前者であれば選択肢も多く、実際に痩せることができるかもしれませんが、値段や忙しいということから現実的に後者になるのが普通です。

つまり、丼物やラーメン、ファストフードなどが後者の例です。

普通は毎日のように外食をする場合、1食あたりできれば1000円以内で抑えたいですよね。


  塾長

安くてダイエット中でも食べれるもの…

実際に、外食ダイエットにチャレンジして食べるお店を探していて思ったのは

全然ダイエットできそうなお店がない…

外食ダイエット中に食べたものは?

でも実際に外食ダイエットをして見ることを決めたのでどこかしら食べなければいけません。


  塾長

早く何か食べないと、筋肉が減ってしまう…!かと言って適当に外食すれば脂肪が増えてしまう!!うおお

とりあず、今回の外食ダイエットをする上で大事にしたのは「安さ」「美味しさ」「ヘルシーさ」です。

その中でいくつか自炊ほどではないにしろ、他の外食に比べたらまだましかな?と思ったものをご紹介します。

外食ダイエットでとりあえず間違いないのがファミレス

まず安定して外食できるのが「ファミレス」。
ファミレスのいい点は、ライスをつけないでタンパク質を摂取できるという点。


  塾長

チキンなどが大体あって、ライスはつけなけらば糖質を抑えることができます。それにサラダや鍋系などもあるので色々な種類を楽しめるのもいい点です。強いていえば忙しい人には向かないかもしれません。

サイゼリアやガストなどをはじめとして大体少し移動すれば何かしらのファミレスはあるかと思います。

その多くはメニューが豊富で、大体減量に向いているものがあるはずです。


  塾長

自分はチキンステーキを頼んで皮を剥いで食べました。サイゼリアの柔らかチキンのサラダはコスパがいいです!

外食のスピード重視ならすき家

やはり近くに多いのが牛丼屋さん。

牛丼は脂質も糖質も多くダイエットには向いていません。
しかし、すき家であれば、牛丼以外にも鶏そぼろ丼やライスの代わりに豆腐などがあるので、工夫すればたまに行くくらいは問題ないかなと思います。


  塾長

安い上に早いから忙しい人にとってはありがたいね。とはいえその日の運動量やトータルの食事などによってはカロリーオーバーになるので調整が必要だね。

基本的にダイエットをする上で「〇〇ダイエット」や「〇〇は食べてよくて〇〇はだめ」みたいな考え方はよくありません。

大事なのはトータル的な視点であって、どんなに良いものでもそればかり食べたり食べなすぎは良いダイエットになりません。

それを食べて自分の体がどう変化するかは人それぞれですので、一番は自分の体に耳を傾けることが大事です。


  塾長

糖質なんかは運動をしている人にとっては必要な栄養素だし、そもそも糖質は悪者ではないよ。脂質だって大事なエネルギー源だし、ホルモンの材料だから無くす必要ななくて必要以上に摂らないことが大事だね。

その必要量は個人差があるので、そう言った点でも反応を見ることが大事です。

外食ではないけどレパートリーはコンビニ

外食という括りから少し離れてしまうけど、自炊したくない場合にダイエットに向いているなと感じたのは「コンビニ」です。

多くの人が知っているように、サラダチキンやプロテイン、サラダ、おでん、おつまみチキン、するめ、ビーフジャーキー、焼き鳥、鯖缶などたくさんの減量むきの食事があります。

その上安いのが良いですよね。


  塾長

自分も自炊をしない外食ダイエット中にコンビニが一番良いなと感じてしましました。ネックな点は保存料が多いということと食べる場所探しが大変ということです。案外値段も外食くらいになってしまうのもちょっとネック。

レパートリーとスピードを重視するならコンビニが最強かなと思います。

居酒屋は外食ダイエットで神

外食ダイエットである意味神なのが居酒屋。

自分はあまりお酒を飲まないので行きませんが、居酒屋は減量中に食べれるおつまみが沢山あります。

ダイエットでは、シンプルに高たんぱく質、低脂質、低糖質を心がけることが大事です。(運動量や質にもよる)

居酒屋ではその条件にあった食材が多く、レパートリーも沢山あります。


  塾長

飲酒するとついつい沢山食べてしまう人もいつので注意が必要です。また、お酒自体にも太りやすいものや太りにくいものがあるのでしっかり選択しましょう。

実際に外食ダイエットやってみての変化

実際に外食ダイエットをしてみての感想と結果は

  • 体重の維持はできる
  • 食べるもののレパートリーが少ない
  • 体組成は自炊に劣る
  • 疲れやすいような感じがする
  • 食欲が湧きやすい

  塾長

自炊に比べてどうしてもお腹周りはついたなと思う。そして食べれるところを探すけどかなり少なくて結局妥協してしまうときがあった。体重を維持するのは簡単だけど、本格的にお腹を割りたいという場合はかなり厳しい。最終的にはコンビニに頼ってしまうしかない気がした。

体組成というのは、体重だけでなく体脂肪や筋量、骨量などを言いますが、体脂肪が少し増えて筋量が少し減っていました。

この期間は2週間ほどでしたが、体のなんとなくの不調が続いたり食べるもののレパートリーの少なさが食欲を減退させ、何か軽い胃もたれのような感覚が残っていました。

実際私は筋トレをほぼ毎日行なっているので、その前後に糖質を補給する為に外食する場合はグリコーゲンを補給するという意味合いがあるのでいける外食が人より多いですが、そうでない場合はコンビニとファミレスくらいしか近くにはないかもしれません。

外食ダイエットはほどほどに。自炊を心がけよう

外食
外食をしながらダイエットをするというのがかなり難しいなと感じました。

お店は美味しいもの(揚げ物や糖質、食べやすく加工したもの)が多いために太るのは当たり前だと感じました。
外食を食べながら痩せるというのはかなり非現実的で、少なくともしっかり努力する必要があります。

・ファミレスやコンビニにダイエットむきの料理がある
・糖質つきのものを食べる場合は前後に運動をする
・時間がない場合はすき家の鶏そぼろ丼や豆腐牛丼。ただしたまに食べるくらいにするべし
・居酒屋はダイエット向けの食材多し。ただしお酒に注意

あとは、たくさんあるお店ではないですが、ビーガンやベジタリアンのお店などもダイエットにオススメです。

また、六本木や水道橋などにある筋肉食堂のような体づくりの為にあるお店が徐々に増えているのでそう言った店舗を探すのもいいですね。

【筋肉食堂】メニューが最高!お通しがプロテイン!?

2018.04.03

なんだかんだ一番いいのはやはり自炊です。
体のために自炊できる環境を作るというのも仕事かもしれませんね。

この記事を書いた人

元肥満虚弱児が筋トレに出会って人生を変えたことをきっかけに独立。フィットネスの魅力を配信するブログ「かたぎり塾ブログ」を運営しています。コスパ最強のパーソナルトレーニングジムを都内に数店舗出店。

パーソナルトレーニングを無料体験する