【減量】チートデイを実際に一日やってみた。



どうも、かたぎりです。

ダイエット中って必ず体重が減りにくくなる停滞期が訪れて、どうしたらいいのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか?
自分も本格的なダイエットや減量を過去に2回ほど行い、凄く苦労した経験があります。

その停滞期を打破する方法が「チートデイ」と言うのですが、このチートデイ、厳密なやり方がないため「どうやったらいいのだろう?」と迷われる方も多いはずです。

ブログリンク

  塾長

もし失敗したらリバウンドするかもしれないと言う恐怖がありますからね。

今回は実際にチートデイを行ったリアルな結果を画像付きでご紹介していきます!

恐る恐るチートデイを実際に一日してみた!

補足画像
こちらがチートデイを開始したその日の朝の体重。
見えづらいですが「66.6kg」です。

まず思ったのが「順調に落ちすぎている!」と言うこと。NPCJというフィジークコンテスト出場に向けて減量しているわけですが、思ったよりも体重が減っている!(自分はあまり体重を測りません)

これくらい順調に減っているのであれば今週チートデイそもそもいるのか?と言う思いもありましたが、完全に頭の中はパーティー状態になっているので今更やめるなんてできません!
今回の減量では”週に1回チートデイを入れる”と言う縛りを作ってみているので、どっちにしろチートデイ開始。

開始時間はお昼の12時〜。一日チートデイの1食目は?

休みの日にチートデイを設けたのですが、休みの日ということで完全にオフモード。起床時間10時。
そこから掃除やら何やらを済ませ、チートデイ1食目のお店に行こうとするのですが、これがなかなか決まらない。

チートデイや本格的な減量をしたことがある人なら共感していただけるかもしれませんが、チートデイって逆に食べる方が難しいのです。だって、今まで苦しい減量に耐えてきたのに、この一食でもしリバウンドしたら…?と思うとなかなかできないからです。

イメージとしては、貯金した全財産を投資するような感覚に近いかもしれません。コツコツと頑張ったものが、大きなリターンを得るかもしれないですが、ミスした場合0になるような恐怖。
このブログをみてくれている人ももしかしてそこが気になっているのかもしれないですね!

そんなこんなで毎回チートデイの時はお店を選ぶのにも時間がかかるのです。貴重なチートデイをしっかり楽しみ、なおかつ効果的にするためにもお店選びは物凄く迷います!
食べたかったのは、ケバブ、寿司、ピザ、ラーメン、焼肉、インドカレー。

結局迷った挙句に1食目はイタリアンのお店に。
パスタ
記念すべき1食目は「サーモンときのこのクリームパスタ」。
やはり減量で我慢していた炭水化物はとにかく食べたい!

カロリー(概算)600kcal〜800kcalでしょうか?
ピザ
そしてもう一つはピザ。
このピザはとても珍しいピザで、特徴としてはチーズが少ないこと。
チートデイということでたっぷりチーズのピザをイメージしていたために正直落ち込んでしまいましたが、さっぱりしていたので罪悪感が少ない!

通常のピザはMサイズで1500kcal前後だと思いますが、こちらはヘルシーでしたのでざっくりですが900kcalくらいでしょうか?

パスタとピザは分けて食べたので自分が食べたのは1000kcalくらいだと思います。

ピザ・パスタ合計一人当たり1000kcal

一日チートデイ2食目は?実際に食べたのはこれだ!

さて一食目はイタリアンを楽しんだところですぐにお腹が減ってきました。(15時頃)
さすがにチートデイとはいえ「こんなにたくさん食べてもいいかな〜」と思いつつ、中途半端にしてもどうしようもないし。
コンテストまで1ヶ月あるし。

ちなみに、しっかりと代謝が落ちている場合は結構気にせず食べてもリバウンドすることはないと頭では理解していまが実際に自分でやるとなると怖い!誰だってリバウンドはしたくない!

そんなこんなで決意ができ、2食目はどうしても食べたかった「寿司」に決定。

寿司
「ああ。美味しそう。」

  塾長

この記事を書いている今が我慢との戦い…

まあでも減量も慣れであって、繰り返していくうちにそんなに苦ではなくなるものです。
余談ですが3年前くらいにでたコンテストの時はチートデイなど知らずに減量して、あまりのストレスに夜中ラーメン屋でついつい食べてその後日に一気に痩せたのを思い出します。
そこで調べたらチートデイというテクニックがあるということを覚えました。

あら汁

あら汁。魚がゴロゴロと入ってて高たんぱく質!最高。これで160円とかだったけど、タンパク質20 g くらいありそうだった。
意外と回転すし屋でシャリ小さめ+あら汁で減量できるかも…

完食
結局寿司7皿(写真の8皿はあら汁の分の皿も入っている)、あら汁で合計1000 kcal くらいでしょうか?
寿司ってヘルシーそうだけどぺろっと食べれてしまうので案外カロリーが高くつく印象です。
寿司7皿・あら汁合計1000kcal

一日チートデイ3食目は?夕食はこれだ!

イタリアン、寿司とだいぶ好き勝手に食べてきましたね。
自分の昔の減量法でしたらこんなこと考えられませんでした。実際のところこの方法で今までの減量の中でもっともスムーズに落ちているのは嬉しい経験。チートデイをこれからする人、減量中の人、こんなに美味しいものを食べても痩せられるのです!(※前提として代謝が落ちていること)

そして3食目のチートデイはさすがに自宅にて…

しゃぶしゃぶ
そうしゃぶしゃぶです

焼肉も捨てがたいけど、さすがに夜遅いし部屋も臭くなるのが嫌なのでしゃぶしゃぶに。
「あんなに食べておいてしゃぶしゃぶなんて大丈夫!?」という声が聞こえてきそうですが大丈夫だと信じて食べてください。笑

写真にはないですが、写真のロース以外にもヘルシー目なもも肉も食べました。
グラムにして

  • ロース150g⇨約450kcal
  • もも肉200g⇨約400kcal

ほど完食。

ポン酢たれ、野菜、豆腐も混ぜると大体1000kcalくらいでしょうか?
今の所一日概算で3000kcalくらい。

以外に3000kcalくらいかとホッとしました。やはりチートデイと言ってもお腹いっぱい食べていないところあたりリバウンドを恐れているのかもしれないですね。

豚ロース150g・豚もも200g合計1000kcal

一日チートデイ最後は…まさかの

ここで終わったら普通の食事。ジャンクも食べていない普通の食事。チートというよりも一般的はちょっと贅沢な食事をしたようなものです。ここまでだったら普通の食事。ここからがチートなのです!
・・・・・・

お菓子
「はいっ!これこそがチートデイ!!」

思い切ってきました。これは完全にアウトかもしれない。
減量中にこれを食べるというのは明らかにアウトでしょうか?
いいえ、これがチートデイの実際に食べるものです。(人それぞれ)

というより、今回は実験のようなもの。
自分がどれくらい食べてもリバウンドしないかということをしっかりと理解することが今回も目的でもあります。

つまり、このようなものを摂取してもリバウンドしないかどうかを知りたいのです。皆さんも自分自身のボーダーライン知っていますか?知っていると減量も楽になりますよ!
もしこれだけ食べても大丈夫だったら、週に1回このようなお菓子やお酒を口にしてもいい!という心の余裕ができます。

ピザポテト・お酒合計およそ500kcal

気になるチートデイ翌日の体重は…?停滞はいかに

補足画像
チートデイ当日66.6kg⇨チートデイ翌朝69.8kg(服着ていたので実質69kgくらい)
プラス2キロ以上!!

チートデイ失敗でしょうか…?
答えはまだわからないです。

実際のところ、翌日で判断するのは難しいです。基本的にチートデイ翌日は体重が増加するのはわかっているからです。
単純にチートデイで食べたものがまだ体内に残っています。その中から果たして体脂肪になるのかそれとも体外に排出されるのか。
後日になって見ないとわかりません。

チートデイから翌々日の体重の変化は?

チート二日後
気になる翌々日の体重はと言いますと「68.1kg」
うーん。まあまあかな。
思っていた以上の体重が残ったけど、見た目は筋肉に張りが出て、つやが出た感じ
ほんの少しむくんでいる感じもするけどリバウンドはしていない。

とはいえ、大成功という印象はなし。可も不可もないというような結果です。

停滞期のチートデイの大原則と使い分けはこれだ

食べすぎ
今回チートデイをして気づいたことは沢山ありました。
チートデイの大原則
・チートデイは確実に停滞したら、一日チートデイを楽しむ
・こまめにチートデイをしたり、停滞しているかわからない場合は「一食」にする
・精神的な回復と、定期的な食事の楽しみによってリバウンドを予防する力がある

これは特に今回身を持って確信を得たこと。
減量やダイエットは基本的に節制することが大前提。その上で体重が一定期間減らなくなった場合はチートデイは大いに役にたちます。しかし、「チートデイにしよう」となんの根拠もなくただの暴飲暴食の理由に使わないこと!
それはリバウンドに繋がります。

チートデイを入れる頻度の目安としては

  • 体脂肪率10%前後・・・週に1回
  • 体脂肪率20%前後・・・2週間に1回
  • 体脂肪率30%前後・・・月に1回

にするといいでしょう。

あとはあくまで目安ということと、一人一人体の反応が違うため今回の自分のように「自分の体で試してみる」ということが一番いい経験となるということです。

これも余談ですが、自分のトレーニング友達と一緒にチートデイした時に面白かったのは、友達は翌日に体重が減ったのに対して自分は翌々日に減ったということです。
「いいな〜俺全然減らない!」と嘆いたその翌日に一気に減ったのでびっくりしたのを覚えています笑

このことからも体の反応はバラバラですし、一人一人別の生き物だと思って体と向き合うのが一番の答え合わせになります。

沢山ダイエットや筋トレについて書いているので、記事が少しでもダイエットや減量中の参考になればなと思います。

この記事を書いた人

元肥満虚弱児が筋トレに出会って人生を変えたことをきっかけに独立。フィットネスの魅力を配信するブログ「かたぎり塾ブログ」を運営しています。コスパ最強のパーソナルトレーニングジムを都内に数店舗出店。

パーソナルトレーニングを無料体験する